就活と資格の話
就活資格ガイドは志望業界へのエントリーのための就職活動や将来に役に立つ資格や資格の概要などを案内しています

フラワーデザイナー

フラワーデザイナーのためのわかりやすい取得基本情報を説明します。

フラワーデザイナーとは 花を用いて、ある対象について、またはテーマに従って、良い構成を工夫し、配置・配列・編成すること。花のみでなく植物の茎、葉、根などを用いることもある。デザイン(応用美術)の分野のひとつ。 これらを職業とする人をフラワーデザイナー、(フラワーアレンジャーと呼ばれることもある)と呼ぶ。フラワーデザインの普及と向上のために設けられた試験制度です。
資格を活かせる仕事 花屋さん、講師、フリーランス
資格取得までの平均的な期間 半年〜1年
学習方法 受験に必要な単位をNFD講師もしくは日本フラワーデザイン協会(NFD)公認校で認定が必要
主催団体 公益社団法人日本フラワーデザイナー協会 (NFD)
年間受験機会 9月、10月、11月、12月
受験料 1級 学科:2,000円 実技:23,000円(花材費・税込)
2級 学科:2,000円 実技:18,000円(花材費・税込)
3級 学科:2,000円 実技:13,000円(花材費・税込)
試験科目、出題テーマ
3級 2級 1級
学科試験(45分) 学科試験(45分) 学科試験(45分)
実技試験
 アレンジメント(60分)
 花束(90分)
 花嫁の花束(90分)
実技試験
 アレンジメント(60分)
 花束(90分)
 花嫁の花束(90分)
実技試験
 アレンジメント(60分)
 花束(90分)
 花嫁の花束(90分)
受験資格 学歴、年齢等に制限はありません
資格区分 民間試験

ページの上部にもどる