就活と資格の話
就活資格ガイドは志望業界へのエントリーのための就職活動や将来に役に立つ資格や資格の概要などを案内しています

医療事務技能審査試験

医療事務技能審査試験のためのわかりやすい取得基本情報を説明します。

医療事務技能審査試験とは 診療報酬請求事務技能はもちろん、窓口業務等で求められる患者接遇や院内コミュニケーションの技能も試験科目に含まれています。
すでに医療機関等で業務に従事されている方の技能の確認・向上にも適した試験内容となっています。
医療事務は日本全国で仕事内容が基本的に同じですので、全国どこでも活躍ができる資格です。
資格を活かせる仕事 医療機関、医薬品会社、医療事務機器開発メーカーなど
資格取得までの平均的な期間  
学習方法 独学
主催団体 (財)日本医療教育財団
技能審査の対象 「医科」と「歯科」に分かれており、いずれかを選択した上で「学科」と「実技」が行われます。
医療機関等での受付業務、院内コミュニケーション、診療報酬請求事務業務に関する職業能力などが審査されます。
受験資格 1級
(1)2級の技能審査に合格した者であって、医療機関等において医療事務職として
実務経験を1年6ヵ月以上有する者

(2)教育機関等が行う教育訓練のうち、審査委員会が審査規程により定める

「1級試験受験資格に関する教育訓練ガイドライン」に適合すると認めるものを履修した者

(3)医療機関等において医療事務職として3年以上の実務経験を有する者
※(1)〜(3)のいずれかに該当する者
2級

(1)教育機関等が行う教育訓練のうち、審査委員会が審査規程により定める
「2級試験受験資格に関する教育訓練ガイドライン」に適合すると認めるものを履修した者
(2)医療機関等において医療事務職として6ヵ月以上の実務経験を有する者
※(1)〜(2)のいずれかに該当する者
年間受験機会 1級:年3回(6月、10月、2月)
2級:年12回(毎月)
試験時間 1級
実技I 接遇、院内コミュニケーション 筆記(記述式) 2問 50分
学科 医療事務専門知識 筆記(択一式) 25問 60分
実技II 診療報酬請求事務 明細書点検 4問 70分
2級
実技I 患者接遇 筆記(記述式) 2問 50分
学科 医療事務一般知識 筆記(択一式) 25問 60分
実技II 診療報酬請求事務 明細書点検 4問 70分
受験料 各級 6,500円〔1級(医科・歯科)・2級(医科・歯科)〕
申込期間 当該試験日の2ヵ月前より、当該試験日の2週間前まで
資格区分 民間資格
その他注意事項  
関連する資格 保険請求事務技能検定診療報酬請求事務能力認定試験歯科助手調剤薬局事務
独学派 医療事務技能審査試験
通信派 生涯学習のユーキャン

 

 

♪女性向け、職場閲覧注意、プライベート空間で閲覧してください(*^.^*)

 

 

ページの上部にもどる