就活と資格の話
就活資格ガイドは志望業界へのエントリーのための就職活動や将来に役に立つ資格や資格の概要などを案内しています

消費生活アドバイザー

消費生活アドバイザーのためのわかりやすい取得基本情報を説明します。

消費生活アドバイザーとは 消費者相談業務において消費者と企業や行政等との“かけ橋”となり提言したり、消費者へ適切なアドバイスしたり、意向を企業経営に反映あるいは行政への提言ができる人材です。
資格を活かせる仕事 デパートやスーパー、メーカーなどの企業や自治体の消費者センターなどで資格を活かして活躍できるでしょう。その他、これまでの合格者の職業では「製造業」「卸・小売業」「金融保険業」「サービス業」「運輸通信業」などさまざまな分野の方が資格を取得しています。
資格取得までの平均的な期間 3ヶ月〜6ヶ月
学習方法 通信
主催団体 財団法人 日本産業協会
年間受験機会 年1回
受験料 12,600円(称号付与申請手数料 10,500円が必要になります。)
受験資格 制限なし
資格区分 公的資格
独学 消費生活アドバイザー
通信派 産業能率大学、(財)日本産業協会、日本マンパワー

ページの上部にもどる